ハリー・ポッターと謎のプリンス キャスト・見どころ・ネタバレ・あらすじ・主題歌・相関図とは?

みなさんハリーポッターシリーズはご覧になったことはありますか?当時、原作の児童小説はイギリスの無名作家の初作であったにも関わらず、世界的ベストセラーとなったことで世間を賑わせましたね。

今回は、そんなハリーポッターシリーズの6作目『ハリー・ポッターと謎のプリンス』についてご紹介したいと思います。

クライマックスまであと間近‼︎第6作目となるあらすじ

今作では、ホグワーツの6年生となったハリーが、ヴォルデモートとの戦いに備え、ダンブルドアとともに情報を集める一年を描いています。

魔法世界に闇の印が現れ、ダイアゴン横丁を中心にマグル界でもデスイーターが民衆を襲うようになっていました。

数日後、そのことを新聞で知るハリー。新聞には、シルシウスの投獄や、ヴォルデモートの復活によってハリーが、”選ばれし者”ではないかと記載されていました。ふと眺めてみると向かいのホームはダンブルドアが。

彼に同行するよう言われ、ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードメント)との人物と対面することに。彼はかつてホグワーツで魔法薬学の教師をしていました。ダンブルドアは、彼に再びその職務についてもらうよう頼むために訪ねてきたのでした。

しぶしぶ引き受けることとなったスラグホーン。しかし、ダンブルドアには別の思惑があったのでした。一方、ベラトリックスとナルシッサ・マルフォイ(ヘレン・マックロリー)はワームテールとスネイプの待つ家へ。

ナルシッサは闇の帝王から危険な使命を命じられた息子ドラコを守って欲しいとスネイプに頼み込むのでした。

ドラコを守ると約束するスネイプに対し、ベラトリックスは”破れぬ誓い”を立てろと命じるのでした。また、ドラコが任務を果たせない場合は自らが代わりに遂行することを2人に誓いました。

ハリー達は、ダイアゴン横丁にフレッドとジョージが建設した悪戯専門店(ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ)を訪れた帰り、ノクターン横丁のボージン・アンド・バークスに入っていくドラコを発見しました。

ドラコの不審な様子に、思わずあとをつけると、キャビネットの前で何か揉めている様子を目撃してしまうのでした。

その異様な雰囲気から、ドラコはデスイーターになったのではないかとハリーは推測するのですが、ロンとハーマイオニーは証拠が無いとして受け入れません。ハリーは真相が気になり、ホグワーツ特急内で透明マントを被りドラコと接触します。

しかしわずかな手がかりからドラコにバレてしまい、石化の呪文をかわせず列車に取り残されてしまうのでした。間一髪というところでルーナに助けてもらい、無事にホグワーツに戻れました。夕食時には、魔法薬学にスラグホーン先生、闇の魔術に対する防衛術にはスネイプが就任することが発表されるのでした。

魔法薬学の授業に出席したハリーは教科書を忘れてしまい、先生の棚から一冊借りることに。そこには「半純血のプリンス 蔵書」と記載されており、正確な薬の調合法も書き込まれていました。

その書き込み通りに、生徒でただ1人高度な薬を作り上げたハリーはご褒美としてフェリックス・フェリシスという幸運の液体の小瓶を貰い受けるのでした。それを飲めば幸運が舞い込み最高の1日になるというこの薬を、ハリーはどうやって使うのでしょうか。

ある日校長室に呼ばれたハリーは、憂いの篩でダンブルドアとトム・リドルが初めて出会った記憶を見てしまいます。そこには孤児院で一人ぼっちの幼きヴォルデモートと、彼にホグワーツへの入学を勧める若きダンブルドアの姿がありました。

ダンブルドアによれば、この頃のトム・リドルは周りと何一つ代わらない純粋な少年であったとのことでした。さらに別の記憶によりトム・リドルとスラグホーン先生が親しかったことが判明しますが、その記憶は何者かによって改ざんされており、重要な部分が抜けていたのでした。果たしてそれが一体何なのか、先生に取り入って探るようにハリーに命じるのでした。

今作のキャストは?

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
吹き替え声優:小野賢章

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
吹き替え声優:常盤祐貴

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
吹き替え声優:須藤祐実

ハグリッド(ロビー・コルトレーン)
吹き替え声優:斎藤志郎

フリットウィック(ウォーウィック・デイビス)
吹き替え声優:田村錦人

11歳のトム・リドル(ヒーロー・ファインズ・ティフィン)
吹き替え声優:小林翼

16歳のトム・リドル(フランク・ディレイン)
吹き替え声優:福山潤

ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)
吹き替え声優:森功至

アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
吹き替え声優:永井一郎

マッド・アイ・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)
吹き替え声優:小林修

ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)
吹き替え声優:三枝享祐

ナルシッサ・マルフォイ(ヘレン・マクローリー)
吹き替え声優:佐藤しのぶ

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
吹き替え声優:土師孝也

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)
吹き替え声優:谷育子

リーマス・ルーピン(デイビッド・シューリス)
吹き替え声優:郷田ほづみ

ラベンダー・ブラウン(ジェシー・ケイブ)
吹き替え声優:宇野あゆみ

モリー・ウィーズリー(ジュリー・ウォルターズ)
吹き替え声優:一龍齋貞友

アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)
吹き替え声優:梅津秀行

アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)
吹き替え声優:梅津秀行

フレッド・ウィーズリー(ジェイムズ・フェルプス)
吹き替え声優:尾崎光洋

ジョージ・ウィーズリー(オリバー・フェルプス)
吹き替え声優:尾崎光洋

ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)
吹き替え声優:高野朱華

ニンファドーラ・トンクス(ナタリア・テナ)
吹き替え声優:日野未歩

ケイティ・ベル(ジョージーナ・レオニダス)
吹き替え声優:藤村歩

フェンリール・グレイバック(デイブ・レジェノ)
吹き替え声優:江川央生

ルーナ・ラブグッド(イバンナ・リンチ)
吹き替え声優:三村ゆうな

 

おなじみのメンバーによる安心感もあれば、新たなメンバーによるワクワク感もありますね。

 

相関図

ハリー・ポッター
ハリーポッターシリーズの主人公であり、『ハリーポッターと謎のプリンス』ではホグワーツの6年生、16歳になります。

 

ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハリーの親友の赤毛の少年、ウィーズリー家の六男です。

 

ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
ハリーの親友であり、聡明な少女。両親とも人間(マグル)ですが、優秀な魔女の才能を持っています。

 

ハグリッド(ロビー・コルトレーン)
森の番人であり大男。見た目によらず優しく、猫以外の生き物全てを愛しています。

 

フリットウィック(ウォーウィック・デイビス)
ホグワーツの呪文学の教授で、レイブンクロー寮の寮監。ゴブリンの血を引いているので非常に小柄です。

 

トム・リドル(フランク・ディレイン)
ヴォルデモートの少年期。

 

ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)
ダンブルドアによって復職し、ホグワーツで魔法薬学を教えることに。また、ダンブルドアとは同期。
トム・リドルの恩師であり、ヴォルデモートの秘密を握っています。

 

アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
ホグワーツの校長であり、ヴォルデモートも恐れるほどの魔術の使い手。

 

ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)
魔法使いの名家であることを鼻にかけており、ハリーを敵対視しています。

 

セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
もとは魔法薬を教えていたが、スラグホーンが復職したため、「闇の魔術に対する防衛術」の教授に就く。

 

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)
ホグワーツの副校長であり、グリフィンドール寮の寮監。また、変身術の教師もしており、厳格で理知的。

主題歌

音楽:ニコラス・フーパー
テーマ曲:ジョン・ウィリアムズ

『ハリーポッターと謎のプリンス』の映画音楽は、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と同じくニコラス・フーパーさんが作曲。また、劇場公開と同時にCDは発売されました。

サウンドトラック盤は、なんと『Billboard 200』のチャートで、それまでの過去最高となる29位となっりました。2010年にはグラミー賞の映画・テレビサウンドトラック部門にノミネートされています。

そういった、音楽の部分も意識して見るのも楽しめますね。

今回の魔法は??

ハリー・ポッターといえば魔法です。子供たちもマネをしたりして楽しめますね。さて、今回はどんな魔法が出てくるのでしょうか?

⚫︎アナプニオ(Anapneo)(気道開け)
喉に詰まったものを取り除くことができる。

⚫︎オパグノ(Oppugno)(襲え)
ハーマイオニーがロンに、鳥の攻撃をけしかけていました。

⚫︎破れぬ誓い(Unbreakable Vow)
2人が跪くように向かい合って座り、手を握り合う。それから「結び手」と呼ばれる保証人が、握り合った手の上に杖の先を置く。

2人が口頭で約束を交わし、互いが合意するごとに、杖先から細い舌のような眩しい炎が飛び出し、灼熱した赤い紐のように2人に巻きつく。この巻きつきが完了すると誓いが成立する。この誓いを破った者は死ぬと言われています。

⚫︎セクタムセンプラ(Secutmsempra)(切り裂け)

対象人物の身体を切り裂くことができる。呪文が命中した箇所が切り傷になるものと、呪文が命中した身体の部位を切り離すものの2種類ある。切り裂かれた箇所から血が噴出するため、そのまま出血死となることも。

この呪文は昔から「半純血のプリンス」の十八番だったらしい。

⚫︎マフリアート(Muffliato)(耳塞ぎ)

周囲の人に謎の雑音を聞かせ、会話が盗み聞きされないようにする。

⚫︎ラングロック(Langlock)(舌縛り)

舌を口蓋に貼り付ける。

⚫︎レヴィコーパス(Levicorpus)(身体浮上)

対象人物の踝を見えない力で吊り上げて、強制的に空中に浮かせる。反対呪文は「リベラコーパス(Liberacorpus)」(身体自由)。

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ

⚫︎その1

闇の帝王と呼ばれるヴォルデモート卿のその力の源となるのは分霊箱と呼ばれるものでした。その箱に魂を分離し、収納することで無敵を演出していたようです。

その事に気づいたダンブルドアとハリーは、全ての分霊箱を探し破壊しようと試みますが、なんと分霊箱は7つも存在しているのでした。

2人は、なんとかその中の一つを見つるものの、闇の罠との戦いにより消耗しきっていたダンブルドア校長は、裏切り者によってその命を奪われてしまうのでした。

まさかの裏切り者…。

ダンブルドア校長の死、裏切り者の存在にハリー達は衝撃と悲しみを隠せません。

⚫︎その2

この映画では、『半純血のプリンス』の存在が明らかになります。なんと、その正体はスネイプ先生だったのです‼︎

一体なんのためにスネイプ先生は、ダンブルドア校長を死に至らせるほどの裏切りをすることになってしまったのか…
それはこの映画でぜひお楽しみいただきたいと思います。

『ハリーポッターと謎のプリンス』の見どころは?

クライマックスへ向け、重厚感漂う雰囲気のある今作ですが、視聴者を引きつける魅力はそれだけではありません。もっと軽快な部分にもあるのです。それは、ハリー、ロン、ハーマイオニー達の子供らしい恋愛模様です‼︎

一体ハリーは誰に恋をし、その先はどうなるのか?ハーマイオニーの長年の片思いはロンに伝わり、報われるのか?ロンに想いを寄せるライバルの存在って?そんなところも、この映画では描かれているので、もっと軽く見たい‼︎という方々にも楽しめるのでは無いかと思います。

 

以上が、『ハリーポッターと謎のプリンス』のご紹介となります。ぜひ、ハリー・ポッターの世界を楽しんで見てください。