先に生まれただけの僕 実家や母親について!

10月14日(土)夜10時から日テレでスタートした秋の新ドラマ『先に生まれただけの僕』をご存知ですか?

嵐の櫻井翔さんがエリート営業マンから校長先生に転身するという、異例のドラマです。櫻井翔さんといえば、最近ではキャスターや司会などで実力を発揮されていますが、今回は久しぶりに連ドラで主演を務められるということで、ファンだけではなく様々な層の視聴者に話題となっています。

そんな『先に生まれただけの僕』ですが、櫻井翔さん演じる“鳴海涼介”の方言から、実家がどこであるのか?また母親役は誰が演じているのかをご紹介しさせていただきたいと思います。

『先に生まれただけの僕』のあらすじって?

総合商社・樫松かしまつ物産て働く“鳴海涼介”(櫻井翔)は、抜群の営業力を活かし青森の子会社を赤字経営から見事に立て直しました。

ある日、東京に戻るよう上司に命じられると、次の役職を言い渡されました。なんと高校の『校長』をするように‼︎いわば、それほ左遷を意味するものでした。

会社が経営する私立京明館高校は毎年赤字状態で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのでした。鳴海は突然の辞令に戸惑うものの、サラリーマンとしては、会社の決定に従うしかなったのでした。

校長として京明館高校に赴いた鳴海は、副校長の“柏木文夫”(風間杜夫)と、教員たちの面談を行いますが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子でした。

一方、“真柴ちひろ”(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に対し不信感を抱いているよう。鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指しますが、その先にはさまざまな壁が立ちはだかり…。

ここまでが、『先に生まれただけの僕』の大まかなあらすじとなります。では、そんなエリート営業マンであった鳴海がどういったところで生まれ育ったのか、予想して見ましょう。

先に生まれただけの僕 鳴海の方言はどんなもの?

ドラマのなかでは、鳴海は2種類の方言を披露しています熱が。では、そのどちらが出身地となるものなのでしょうか?

①青森でみせた方言

鳴海は系列の子会社を立て直すために、現地で流暢な青森弁を話しています。取引先のみつば商事で、社長である田中義剛さんを相手に青森弁で自己紹介をされていましたね。

②実家への電話で方言

鳴海が実家に電話をした際に、母親と方言を使って話していました。内容をご紹介させていただきます。

 

「ええ大人がちょくちょく実家に電話するほうがおかしいじゃん」
「お前らが一緒におってくれるけ助かるわ」
「なんの問題もないんじゃろ?」
「部署が変わってりしたけ」

 

これは、なかなか特徴のある方言ですね。関東近辺ではないことは確かです。櫻井翔さんが演じるエリート営業マンということで、なんとなく関東のイメージが強かったのですが、そうではなさそうですね。

それに実家の映像から言って、裕福な家庭で幼い頃から何不自由なく育った御坊っちゃまと言った感じではなさそうです。

①の青森弁は、恐らく取引先の気をひくためのものなので、出身には関係なさそうですね。それにしても、自分の出身地とは関係のない方言を現地の方に使うとは、なかなか度胸があります。さすがエリート営業マン‼︎

②の母親との電話で披露した方言が、恐らく出身地のものではないでしょうか。やはり、実家に電話をする時には素の自分に戻ってしまうものですものね。それにしてもこの方言、一体どこのものなのでしょうか?

脚本家の出身地に関係が⁉︎

よくこういった方言などが出てくる時には、ドラマをつくっている脚本家さんの出身地が関係している場合があります。

脚本家…福田靖さん
出身地…山口

なんとなく、山口弁に似ている感じもしますがどうなんでしょうか?しかし、他には広島出身ではないかという声も上がっています。

方言として聞いてみると、確かに山口弁よりは広島弁の方が似ている気がします。また、監督の水田 伸生さんが広島県広島市南区出身ということもあるのです。

カープのタオル⁉︎

鳴海の出身地が広島なのではないかという理由には、他にもこんなことがあります。

①カープのタオル
なんと、鳴海の実家の椅子の背もたれにプロ野球の広島カープのタオルがかかっていたのです。ここ最近の広島カープの人気はすごいので、地元であればなおさら応援に熱が入りますからね。

②厳島神社の御札
鳴海の実家の玄関を移すシーンに、厳島神社の御札が飾られていました。神棚ではなく、わざわざ玄関の表札のところに御札を飾っていたあたり、広島を匂わせているのではないかと予想してしまいます。

③実家の庭に紅葉
鳴海の実家の庭に紅葉が映っていたことから、ひょっとしたら広島の名産『もみじ饅頭』を連想させているのではないかというのもあります。秋のドラマということもあるので、これに関してはなんともいえなませんが、もし本当に広島を連想させるために紅葉を映したのだとしたら、さすがとしか言いようがありません。

方言指導は誰?

こうなったら、大ヒントをいただきたいと思います。番組の最後に流れるクレジットとよばれる出演者、スタッフ、制作に関わった企業、団体などの名前を表示するものを見て見たいと思います。

青森弁指導…鶴谷嵐
広島弁指導…藤原未来

これで、広島弁ということで決定ですね。
青森弁は、経営再建の時のものかと思われますので、実家への電話で話していた方言は広島弁で間違いなさそうです。

母親役は誰?

では、気になる鳴海の母親役は誰なのかを見ていきたいと思います。

これはズバリ東ちづるさんです。

東ちづるさんは、現在なんと57歳‼︎

いつもキレイな東ちづるさんなので、もうそんな歳になられていたのかと驚きです。いつもの東ちづるさんでは、35歳の息子がいるとは到底思えないのですが、見事に演じていましたね。さすがです。また広島弁に関しても御見事‼︎と思ったら、東ちづるさんは広島県因島出身なのですね。納得です。

鳴海の生い立ち

先ほど、鳴海の実家に関して少し触れましたが、鳴海はエリート営業マンといっても御坊っちゃま育ちというわけではなさそうです。

どちらかというと苦労して現在に至ったという感じがします。そこがまた視聴者の共感を誘いますし、ドラマ内でも生徒に対しての説得力につながります。

では、鳴海がどのように現在に至ったのかを見て見たいと思います。

第1話で鳴海は生徒にこう話しています。

 

「奨学金が借金だって実感したのは就職してからだった」
「最初の給料なんてたいしたことないからさ。そこから三万近く引かれるってのはかなりきつかった」
「今でも払い続けている。利子含めると600万円近くなるからね。全部払うのにあと10年かかるよ」
「でも、そんなことになるなんて聞いたことがない。記憶がないんだよね」

 

このことで生徒はショックを受けるのですが、では一体なぜ鳴海が奨学金を貰わなければ大学に行けなかったのか?

それは、鳴海が中学生の時に父親が亡くなっているからです。そのことから、鳴海の家庭は決して裕福ではない、田舎の平凡な家庭ということが分かります。それをバネに、現在のエリート営業マンになったのかなというところですね。

そんな鳴海だからこそ、様々な悩みを持った生徒たちの気持ちを理解してあげることができるのではないかと思います。今後、どのような活躍で学校を再建していくのか楽しみですね。

先に生まれただけの僕 実家や母親について!でした。